DONATIONS

教育環境整備募金について

学校法人梅花学園の歴史は、1878 (明治11)年1月、生徒15名をもって、開校式が行われた梅花女学校に始まります。当時はまだ、女子に高度な教育など思いもよらない時代でありましたが、校祖澤山保羅は、日本の将来のため社会改革の第一歩として、社会の母とも言うべき女性にキリスト教精神に基づく愛の教育を授ける必要性を訴えたのであります。

以来、本学園は聖書の「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」(マタイによる福音書7章12節)をスクールモットーに、キリスト教にいう愛と自主・自立そして奉仕の精神を備える、有為な女性を多数社会に送り出してまいりました。

おかげさまで、現在、本学園は茨木ガーデンキャンパスに大学院と大学を、豊中キャンパスに高等学校、中学校そして幼稚園を擁する総合学園に発展し、同窓生数は全国全世界に6万名有余に至っております。
しかし、その一方で、現在、わが国の教育機関を取り巻く環境は、少子高齢化の進展とあいまって年々厳しさを増し、私立学校にも深刻な影響を与えつつあります。

それだけに、本学園は創立以来の歴史と伝統に一層磨きをかけるとともに、今まで以上に大胆な改革を進めなければなりません。このために、2023年に創立145周年を迎えた本学園ならではの特色ある教育環境を確立し、新たな時代を担うチャレンジ精神溢れたエレガントな女性の育成に努める所存でございます。

もとより、良好な教育環境整備は、学費や経常費補助金により維持すべきではございますが、何分厳しい財政事情の中で、本学園にふさわしいエレガントなキャンパスづくりを進めるには、皆様からの温かいご支援が是非とも必要でございます。

昨今の厳しい経済情勢のもと、皆様にご寄付を仰ぐことは誠に恐縮でございますが、本募金の趣旨をご高察の上、何分格別のご協力を賜りますよう、衷心よりお願い申し上げます。

2023年7月

梅花学園学園長 近藤十郎

理事長 小川友次

梅花女子大学学長 長澤修一

梅花中学校・梅花高等学校校長 菅本大二

梅花幼稚園園長 上田規容子

寄付のお申し込み

募金名称 教育環境整備募金について
事業使途 茨木および豊中キャンパスの教育環境整備・充実
お申し込み金額 1口 50,000円※1口未満でのご寄付もありがたく頂戴いたします。
募集期間 2023年4月1日~2024年3月31日

お申し込み方法

  • ・インターネットでのお申し込みに限り、クレジットカード、コンビニエンスストア、Pay-easyからご利用いただけます。
  • ・「クレジットカードで支払う」を選ばれた場合は、お申し込み手続き完了と同時にクレジット承認が行われ、お支払いが完了します。
  • ・「Pay-easy(インターネットバンキング)」をお選びの方は、お申し込み手続き後の画面よりインターネットバンキングを開始し、払込み手続きをしてください。
  • ・「コンビニエンスストアで支払う」を選ばれた場合はお支払い番号をお控えいただき、お近くのコンビニエンスストアにて払込み手続きをしてください。(店内に設置の端末を操作する必要があります。)

ご利用いただける
クレジットカード

  • VISA

    VISA

  • MasterCard

    MasterCard

  • JCB

    JCB

  • AmericanExpress

    American
    Express

  • Diners

    Diners

※クレジットカードのお支払い回数は1回のみとなります。

ご利用いただける
コンビニエンスストア

  • セブンイレブン

    セブンイレブン

  • ファミリーマート

    ファミリーマート

  • ローソン

    ローソン

  • ミニストップ

    ミニストップ

  • セイコーマート

    セイコーマート

領収書の発行

インターネットからのクレジット決済をご利用の場合、領収書はカード会社から本学園に入金された後にご送付いたします。そのため、お申し込み受付より約2~3カ月ほどかかりますのであらかじめご了承ください。

なお、領収書の日付は、お申し込み日ではなく寄付金がカード会社から本学園に入金された日付となります。そのため、お申し込みが11月以降になりますと、領収書の発行日付が翌年になる可能性があります。その場合、税制上の寄付金控除は翌年の対象となりますのでご了承ください。

個人情報の取り扱い

お申し込み画面にご入力いただいた内容は、寄付に係る業務以外には使用いたしません。また、ご本人の同意を得ずに、個人情報を第三者に提供することはいたしません。なお、一部業務を外部に委託しておりますが、事前に委託業務運営が健全に行われていることを確認し、個人情報が適正に保護されるよう、適切な措置をとるものとします。

銀行振込によるご寄付

お問い合わせ先までご連絡をお願いいたします。必要書類をご郵送いたします。

その他

今回ご寄付を賜りました方々のご芳名を録し、末永くとどめさせていただきます。また、本学のホームページにおいてもご芳名のみ掲載させていただく予定です。なお、掲載を希望されない場合はその旨を下記までお申し出ください。

ご寄付のお申し込み

この募金は任意ではございますが、格別のご協力をお願いいたします。

遺贈による寄付

築かれた財産の一部又は全部を遺言により梅花学園に寄付し、学園内諸学校の発展に役立てたいという意思をお持ちの方のために、学校法人梅花学園はその手続きについて信託銀行と提携しています。

詳細につきましては、学園総務部財務グループまで
お問い合わせください。

遺贈手続きの概要

遺贈のご意志をお持ちの方(卒業生・教職員・一般有志)

ご相談

学校法人 梅花学園

ご紹介

三菱ufj
信託銀行

遺贈希望者の死亡

・遺言の執行
・遺贈の実現

遺言書の保管期間中

・遺言についての
定期的なご照会

遺言書の作成

・遺言に関する事前のご相談
・遺言書の作成・保管契約

遺贈

学校法人 梅花学園
(学園内諸学校)

税制上の優遇措置

個人の場合

所得税について

個人が学校法人へ寄付金を支出した場合、「税額控除制度」または「所得控除制度」をご活用いただけます。
寄付者(納税者)の選択により、どちらか有利な制度を活用することが認められています。

税額控除制度

(年間の寄付金合計額 − 2,000円) × 40%
= 控除額
(所得税額の25%を上限) ※税率に関係なく所得税額から直接控除するため、小口の寄付にも減税効果が大きい。

所得控除制度

(年間の寄付金合計額 − 2,000円)
= 控除額
(年間総所得額の40%を上限) ※所得控除を行った後に税率を掛けるため、所得税率の高い高所得者の方が減税効果は大きい。

住民税について

その年に支出した寄付金の金額が2,000円を超える場合で、住民税を納税されている自治体が認定した学校法人に寄付された場合は、住民税の控除を受けることができます。詳細は住民税を納税されている自治体にお問い合わせください。
なお、本学園は茨木市および豊中市からは自治体の条例により認定されています。

ご寄付いただきました際には、「寄付金領収書」および税制上の優遇措置の為の「証明書写」をお送りいたします。
確定申告の際には、両方を所轄税務署へご提出ください。

法人の場合

受配者指定寄付金制度により、寄付金の全額を損金に算入できます。
別途手続きが必要となりますので、事前にお問い合わせください。

遺贈の場合

遺贈された財産は相続税の非課税資産となります。

実績のご報告、芳名録

学園募金にご理解とご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。2022月年4月から1年間の寄付総額は 7,115,105円となりました。
皆様からお寄せいただいた寄付金は、茨木エレガンスキャンパスおよび豊中キャンパスの教育環境の整備・充実に充当させていただきました。

今後におきましても、本学園の発展にご支援・ご協力賜わりますようよろしくお願い申し上げます。

実績のご報告

学園にご寄付をいただきました方々の御芳名を掲載させていただいております。

芳名録

お問い合わせ先

学校法人 梅花学園 総務部財務グループ

〒567-8578 大阪府茨木市宿久庄 2-19-5

Tel.072-643-8926

電話お問い合わせ

メールお問い合わせ